FX テクニカル分析 組み合わせ

テクニカル分析の組み合わせ、おそらく興味のある方は多いと思います。
ただ、大前提として、テクニカル指標は、多ければいいというわけではないです。
5個とか10個とかのテクニカル指標を、複雑な分析と運用で使うというのが、
あるべき姿ではありません。
むしろ逆で、シンプルな方が環境変化に強いです。

その上でですが、とりあえずはローソク足と移動平均線で大枠を作ります。
この2つは鉄板であり、これらだけでも売買ルールは十分作れます。

そして、この2つだけでは、どうしてもやりたいトレードができない、
あるいは、あるテクニカル指標を使えば、もっと楽になる、
こういう場合に初めて、他のテクニカル指標を考えます。

おそらくは、エントリーでRSIやボリンジャーバンド、
利確でフィボナッチあたりが、人気があるのではないでしょうか。

あとは、それらが本当に効果的なのか、検証するだけです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。